グァバは種のまわりがおいしいです

グァバは種の回りが甘くて美味しいのだそうです。ただ、種が固いので、食べるときにはこつが必要です。

グァバは種のまわりがおいしいです

グァバは種のまわりがおいしいです グァバの食べ方としては、通常はリンゴのように芯を取り除いて食べるのだそうです。沖縄などではメジャーな果物なのでよく売られていて、果物屋さんで購入して自分で皮をむいて食べるのだそうです。梅のパウダーやこしょうなどをつけて食べる食べ方もあるそうですが、おいしいものはそのまま食べるのが一般的です。熟していないとぱさついていたり、カットして売られているものは水分が抜けていたりして十分美味しさが味わえないので、果物屋さんで十分熟れたものを入手するのが間違いないです。皮のそばは甘みが少なく、歯ごたえを楽しむといいでしょう。中心部分の種の部分は甘いので、好きな人はここを食べるそうです。

ただ、種が固いので、種ごと噛もうとするとたいへんです。種は噛み砕かないよう、飲み込んでしまうといいようです。種を食べても害にはなりませんし、歯に注意すれば問題ありません。熟しているかどうかは皮の色で見分けます。皮の表面が黄緑色になっているものが熟しています。緑だと熟していないので、買ったら常温で追熟させてから食べるようにするといいです。赤い実の品種もあり、こちらは白い実の品種よりも甘いのだそうです。沖縄に行ったらぜひ試したい果物です。
Copyright (C)2016グァバは種のまわりがおいしいです.All rights reserved.